タワーマンションから見る景色はどんな感じ?飽きることはないですか?

憧れのタワーマンションの魅力といえば、まず思い浮かぶのはなんといっても「展望」です。

しかし、もしこの「展望」の魅力が褪せてしまうこととなっては、せっかくのタワーマンションの魅力は半減してしまいます。

実際、住んでみて、その景色に、飽きることはないのかと心配になる人もいらっしゃるようです。

確かに、飽きてしまうのであれば、そもそもそんな超高層に居住する意味もありません。

実際、高層階ほど価格も高く設定されていて、高層階ゆえの不便さももろともせず、高層階ほど、早く売れていくという現実があります。

この人気は、やはりその高層階からの眺望であり、いってみればその眺望の良さに、低層階よりも高い金額を払っていると言って良いでしょう。

そんな高いところからの展望の良さに憧れて、タワーマンション購入を考える方のために、「展望」についての意見に的を絞って調べてみました。

タワーマンションに住んでよかった理由の第1位は?

ある不動産会社の「タワーマンションに住んでよかったと思う理由は?」というアンケートでは、「眺望の良さ」がトップにあがっています。

やはり、当然ではありますが、「展望の良さ」というのは、タワーマンションの一番の魅力であり、この結果を見ても、住んでみてからもその魅力は変わらず、満足しているといえるのではないでしょうか?

タワーマンションからの景色で気に入っているものは?

東京、神奈川のタワーマンションに住んでいる人へのアンケートでは、窓から見えるもので気に入っているもののナンバー3が、「富士山」「東京タワー」「東京スカイツリー」だそうです。

ただ高いところからの景色ならなんでも良いということではなく、自分の求める眺望はどんなものなのか、望むような眺望が実際部屋の窓から得られるのか。というところに絞って選ぶと後悔しないのではないでしょうか。

窓から、都会の夜景が見たいとか、海や川を見たいとか、求めるものを明確にしておいて実際に見えるのかどうかを、よく調べてみることをお薦めします。

何階からの眺望が良いか

眺望を目的に、タワーマンションの高層階に居住したとしても実際に高層過ぎる場合には、リビングで寛いでいるときに窓から見える景色は「空だけ」という事も考えられます。

都会に居ながら、「空だけ」が見えることも、充分に贅沢なのですが、自分が求めている眺望がそうではない場合には、眺望を目的に選んだ場合には余計にガッカリすることになりますから、注意が必要でしょう。

「何階だと何が見える」とか「何階より上層階は空しか見えない」とか、タワーマンションの立っている場所によっても違ってきますので、何階が良いかは、好みと立地の関係で決まり、高層階であるほど「眺望が良い」とは一概には言えないということでしょう。

また、同じような超高層の建物の建築計画がすぐ近くでないかどうかも、忘れてはいけない重要なポイントです。

良い眺望を得るための注意点

「飽きる」か「飽きないか」というところであれば、個人差はあるでしょうが、それはどこに住んでも同じ事がいえますし、そもそも、低層の住宅であれば、近所の家の壁や電信柱など、雑然とした風景が目に入ってきてしまう事が多く、

また、カーテンを開けると近隣の住宅や、通行人から、部屋の中が丸見えになってしまって、カーテンが開けられないというような事も多いかと思います。

タワーマンションの高層階であれば、そんなストレスのある生活とは無縁の恵まれた環境を得る事ができます。都会で他人の目を気にすることなくカーテンを開け放てるという開放感のある生活が出来る事は、羨ましいものだと思います。

また、タワーマンションを選ばれる方は、もともと高いところからの眺望が好きで選んでいるわけですから、「慣れる」ことはあっても「飽きる」ことを心配する必要はないでしょう。

また、リビングに寛いでいる姿勢では空しか見えないという場合でも、「飽きるか飽きないか」に的を絞れば、空というのは案外飽きないものです。

空は飽きるほど「毎日同じ」ではないからです。

流れていく雲を眺めるのも良いものです。

同じように「川」や「海」など水辺が見えるのも毎日全く同じ風景という事はないので、夜景や、街を見渡せるという風景よりは飽きにくいと思います。

自分がその部屋で過ごす時間帯も重要なポイントで、「青い空や海の眺めが最高!」という部屋なのに、夜遅くにしか部屋に戻れない生活リズムの場合は、やはり勿体ない気がします。

関連記事をもっと読む