タワーマンションに住む為に必要な年収とは?

タワーマンションは、通常のマンションと比べて家賃や購入金額が高いと言われています。

タワーマンションの一つ「グランフロント大阪オーナーズタワー」では、販売価格が4億円を越えた部屋もあるなど「タワーマンション=超高級マンション、億ション」のイメージも強いです。

それでは、年収がいくらある人ならばタワーマンションに住めるのでしょうか。

タワーマンション購入に必要な年収とは?

一般的にマンションの購入金額は年収の5倍だと言われています。
マンションを購入する時、たいていの人は住宅ローンを組んでマンションを購入します。
無理なく住宅ローンを返済できる金額は「年収の25%まで、理想は20%」と言われます。

例えば30代前半の平均年収400万円台の場合、一年間に返済できる金額が80万円~100万円になります。2,000万円~2,500万円台のマンションを購入できる計算です。頭金は購入金額の3割程度あると安心です。

タワーマンションの価格相場が3,000~6,000万円台であることを考えると、一人で住宅ローンを返済するのは難しそうですが、共働きの家庭ならば難しい話ではなさそうです。

賃貸だと家賃8~30万円前後

タワーマンションの賃貸物件となると、ワンルームから1LDKまでと、一人または二人暮らし向けの間取りが大半を占めています。

タワーマンションのメリットである共用施設やコンシェルジュサービスがない物件が多いですが、家賃は8~30万円と普通のマンションより「やや高め」くらいです。

「家賃は手取りの1/3が妥当」と言われるので、月の給料が27万円(手取り24万円)ならば家賃8万円のタワーマンションに住むことは可能な話です。ただし光熱費や管理費なども考えると厳しいラインだと思います。

年収に合わせたタワーマンションの探し方

同じような間取りの物件でも、新築または中古、築年数や交通機関との距離、人気エリア、共用施設の充実度などで、値段は大きく差が出ます。

また同じタワーマンションでも階層によって、値段にバラツキがあります。
基本的に最上階に近い階層ほど高額で、低階層は比較的値段が安い傾向にあります。

自分の希望する条件の優先順位を付け、自分が払える金額のタワーマンションを選んでみて下さい。

関連記事をもっと読む