超高層マンションに住むことのデメリットまとめ

ともかく高層マンションに住みたいと思っている場合には、高層マンションの素晴らしさは充分にわかっていることでしょうから、ここではデメリットだけをまとめてみました。

超高層マンションの一般的に言われるデメリットの解消のための対策がなされているかの確認、また、これらのデメリットを改めて確認し、妥協できる範囲であれば安心して購入できますね。

揺れる・振動

超高層マンションの耐震性については、あの東日本大震災時の揺れで証明され、高く評価を得ていますが、その反面、「揺れる」ことの弊害も大きく取り上げられることとなりました。

耐震構造のマンションは、建物を大きくしなやかに揺らして、建物自体の倒壊を防ぐ方法を摂っているために、耐震性の反面、どうしても揺れや振動を特に高層階に伝わり安く作ってあるのです。

とはいえ、大きく揺れるとなれば、その恐怖感も相当なものでしょうし、大きな地震時でなくとも、強風などによっても絶えず小さく揺れている状態となります。

揺れに敏感な人などは、体調を壊すことにもなりかねません。

震災後に「地震酔い」が問題となり、超高層マンションから退出する方が多数出たのも事実です。

最近の新しいマンションでは、大震災時のこのような事態を教訓として、自体をこの耐震構造ではなくて、免震構造や制震構造の超高層マンションも次々に建設されています。

免震構造というのは、横揺れに非常に効果的で、東日本大震災の時にはこの装置を導入していたデパートでは、転倒した展示物は、たった1点だったそうです。

しかし、この構造の場合、縦揺れには効果は無いと言われています。

阪神淡路大震災のような直下型の縦揺れであったなら、また違った結果になっていたと思われます。

騒音問題

比較的に退職後の富裕層の方が購入することの多かった超高層マンションですが、最近では、ファミリー向けのものも多く出回るようになりました。

それにより、問題となってきたのが「騒音問題」です。

超高層マンションの場合、耐震については基準を満たさなければならないため、どうしても、上層部を軽く作って、「揺れる構造」に仕上げているものが多くなります。

そのため、壁が薄く、騒音が問題となるのです。

鉄筋コンクリート造りであれば問題はないと思われますが、これをするには、特別な認可が必要なため、建設にかかる費用が高くなります。

快適な居住空間を手に入れるためには、多少値がはっても、鉄筋コンクリート造であるマンションに住まわれるのが良いでしょう。

居住コストが高くつく

その購入価格もさることながら、居住コストも高額になるのが超高層マンションの特徴のひとつでしょう。

そのひとつが、固定資産税です。

一般的な中低層のマンションにくらべて、その設備や構造も大規模なものとなり、固定資産税は高額となりがちですので、どのくらいの出費になるのか想定していないと大変です。

また、設備も特別仕様のものであれば、室内の修繕にも一般的なものより金額がかさむことになります。

窓の掃除なども、業者に依頼しなければならない場合も多いですので、どこまでが、自分で掃除できる仕様になっているのか確認しておくと良いでしょう。

超高層ビル症候群

その他、超高層階に生活することの危険性を説いた本も出版されています。

最近になって超高層階で生活することについての警告がなされることが多くなっているようです。

そのひとつが、「超高層ビル症候群」と呼ばれるもので、子供の成長障害、例えば、

・ベランダからの転落増加
・運動神経・寒さ暑さへの抵抗力不足
・高所平気症
・子供の運動能力の発育阻害
・友達に噛み付く子の増加

などが挙げられています。

20階以上のマンションは、1980年代後半からがブームが始まり、2003年以降は建築ラッシュを迎えます。

人間が、高層の環境に居住をしはじめて、20年ほど。

それまで、超高層の環境が人間に与える影響は実証されてきませんでしたが、そろそろ色々な弊害が、その環境のせいではないかということが言われはじめてきています。

この信憑性は、まだまだ調査結果の待つところではありますが、ともするとこれから確証がされていくことになるかもしれません。

本当のところのデメリットは、また、「超高層ビル症候群」とされる現象が本当に超高層のデメリットなのかは、これから時間をかけて明らかになっていくところなのではないでしょうか。

関連記事をもっと読む