タワーマンションの管理費の驚くべき実態とは?

マンションの価値は管理の良さで決まるというほど、その管理は重要です。
この管理に使われるのが管理費なのですが、では具体的にどんなものに使われるのでしょうか?

管理費の使い道

一般に、マンションには専有部分と共用部分があります。

この共用部分の管理に使われるのが管理費です。
管理費とは別に、毎月支払わなくてはならないものに、修繕積立金という名目がありますが、この修繕積立金はその名のとおり、共用部分の修繕に使われます。

修繕を伴わないような、清掃、維持に使われるのが管理費です。

タワーマンションの管理費は高い

このように考えると、共用部分が多いほど、また、世帯数が多いほど管理費は高くなる事が納得できるでしょう。

また、タワーマンションの魅力のひとつにもなっている、ラグジュアリーな共用施設があればあるほど、管理費は高くなります。

スポーツジムや、プール、温泉などが付いているタワーマンションでは、その施設の維持管理に管理費が使われるからです。

その付加価値を、毎月お金を出して買っているのです。

知っておくべき実態

一般のマンションよりも、どうしても高くなりがちなタワーマンションの管理費ですが、気持ちよく暮らすために、確認しておくべきことがいくつかあります。

高層階と低層階で、管理費に差があるか?

高層階ほど管理費も高く徴収されるイメージを持たれる方が殆どですが、その実態は物件ごとにさまざまです。

高層階に住む場合には、高層階低層階で、管理費に差を設けているところもあれば、変わりなく徴収しているところもあります。

エレベーターの維持管理も勿論管理費から支払われますが、低層階で、めったにエレベーターを利用しない人と、高層階で、エレベーターを使わなければ出入りができないような人とで、管理費が同額ということもあります。

高層階の人の、エレベーターの使用料のような費用まで、低層階の住人に負担してもらっている事になるので、この場合には低層階で生活している居住者よりも、超高層階の居住者の方が管理費の観点から見ればお得ということになります。

管理費の額はずっと変わらない?

タワーマンションの管理費は、その付加価値に対する対価です。

その物件の付加価値にふさわしいものかどうか、見極めることが必要です。

特に、販売時には、購入を促すために、購入金額以外の費用が低めに提示されていることが多く、修繕積立金などでは、実際の修繕の時に金額が足りずに、修繕が滞ってしまうという問題が少なからず起こっています。

管理費も同じで、素晴らしい魅力的な付加価値を持ったマンションであるのに、他と比べて管理費が割安な場合には注意が必要でしょう。

数年後に、管理費が跳ね上がる事も充分に考えられます。

先に、マンションの価値は、管理費で決まると書いたように、修繕が滞ってしまう事態に陥った場合や、管理が充分でなくなった場合には、マンションの資産価値も低下してしまいますから、所有者にとっては大問題です。

とはいえ、その金額を見積もって生活を始めた人たちにとっても大問題です。

付加価値に対して管理費が安いというのは、決して「お得」とは言えません。
むしろ、少々割高かなと思うくらいの方が安心して生活できるかと思います。

関連記事をもっと読む