トラブル率No.1!タワーマンションの騒音問題

マンションで気になることの代表例が騒音です。
特に生活騒音は、住民間でのトラブルが発生しやすくなっています。

マンションの中でもタワーマンションは遮音性が低く、一般的なマンションで暮らしていた時に比べて、騒音を感じるかもしれません。

タワーマンションに住む前に考えたい騒音についてまとめてみました。

軽量化の為、音が響きやすい

タワーマンションはその構造上、軽量化を目指して設計・施工されます。

音に関しては、防音で有効的になるのは厚みよりも重量です。
重さが重いほど、遮音性が高くなります。

遮音性が高いのは鉄筋コンクリートですが、タワーマンションの戸境壁は軽量化の為、軽量の鉄骨、石膏ボード、吸音材などの組み合わせで作られます。乾式壁と言われます。

鉄筋コンクリート造よりも軽く、音が振動しやすくなるので、遮音性は劣ります。
ただし戸境壁の構造によっては、鉄筋コンクリートと変わらない遮音性があるものもあります。

基本的に両隣よりも上下の騒音が大きいです。足音、家具をぶつける音など。
音が振動となって下へやってくるので、音が真上からしたからといって、音の持ち主が真上に住んでいる人だとは限りません。

「二重天井、二重床」のような、構造のタワーマンションを選ぶと騒音被害を最小限に防げます。

住民層によっても騒音量が変わる

「ファミリー向け、子育て世代向け」をウリにしているタワーマンションの場合だと、入居者もファミリー層が比較的多くなるので、子どもが部屋を走り回る音や、外からの声が気になるかもしれません。

既築のタワーマンションを購入や賃貸で住む場合は、何度か現地へ行って、どのような人が住んでいるのか確認してみるのも有効です。

賃貸タワーマンションなど、人の入れ替わりが激しい物件だと、生活騒音が有るか無いかは住民次第な部分も多々あります。

工事・線路など周辺環境にも左右される

タワーマンションの立地場所によっても、騒音の有無が大きく変わります。

  • 都市計画で工事が頻繁にある。
  • 幹線道路や線路から近い。
  • 保育所や小学校など、子どもが集まる施設が近い。
  • 野外コンサートが行われる公園がある。

窓を閉めていれば騒音が聞こえづらくなりますが、夏場など窓を開けることが多い季節には、うるさく感じる可能性が高いです。

高層階でも外の音が聞こえてくる

マンションの階層が高ければ高いほど、下からの音が聞こえにくいイメージがありますが、これは誤りです。音や振動が壁や空気を伝わって、階数関わらず大きく響いてきます。

逆に高層階の方が離れた所にある騒音を拾いやすいという話もあります。

昼間は仕事に行っていて、静かな夜と朝しかタワーマンションに居ないという人は特に影響を受けないと思いますが、在宅仕事で家に一日中居るような場合は、周りの環境も考えた方が良さそうです。

関連記事をもっと読む