タワーマンションで洗濯物・布団を干す為に知っておきたい2つのこと 

タワーマンションと洗濯物

タワーマンションに住む時に、不満や戸惑いを感じる理由の一つに「洗濯物」のことがあると思います。

建物の構造上、他のマンションや一戸建てとは洗濯物の取り扱いが異なります。
そんなタワーマンションの洗濯事情について説明します。

ベランダで洗濯物を干すのは禁止?

ベランダで洗濯物や布団を干すことは、禁止されているマンションが多いです。
「高階層はNGだけど、低階層はOK」としている場合もあります。

禁止の理由は「風で洗濯物が落ちた場合、階下の住民に迷惑がかかる」「外観を損なう」というもの。
タワーマンションは高層になればなるほど、風当たりが強くなるので、洗濯物が風で飛ばされてしまう可能性が高くなります。

外観を損なうは「マンションの美観が悪いと資産価値が下がるから」が主な理由です。
また住民が「ベランダに布団を干さない」などのルールを守ることで、マナーの良い住民が集まりやすく、トラブルも減ります。

マンションが満室状態になれば、管理費もきちんと得られるので、共用施設やサービスが充分に受けられることにもなります。

「ベランダに洗濯物を干さない」は、日々を快適に過ごせる為に必要な規則の一つ、と言う見方もできます。

タワーマンションで洗濯物を干す方法

では、タワーマンションに住む人たちはどのように洗濯物を干しているのでしょうか。
実際の居住者の話をまとめてみました。

  • 備え付けの浴室乾燥機を使う。
  • 衣類乾燥機を購入する。
  • 室内で部屋干し。
  • 下着以外はクリーニングに出してしまう。

マンションコンセルジュがいるタワーマンションでは、クリーニングの受付をしている所も多いので、自分でクリーニング店へ行く手間がありません。

意外と「外から見えない所に干しています」と言う人も多いようです。
洗濯物が飛ばないように、風の強い日は干さない、洗濯クリップできちんと留めるなどの対策を取っておけば、まず安心です。しかしながら、万が一洗濯物が落下した時、トラブルや大きな事故に繋がる可能性が高いことは知っておきましょう。

近くに工場がある所や車通りの多い所だと、ニオイや排気ガスの汚れが洗濯物につくこともあるので、部屋干しを選ぶ人もいます。

「室内干しで洗濯物が乾くかどうか?」に関しては日当たりやベランダの作りによって左右されます。
ベランダで布団が干せないようであれば、布団乾燥機が必要になると思います。

関連記事をもっと読む