新耐震基準って?あなたの家は地震に耐えきれますか?

南西諸島沖地震や十勝沖地震、東日本大震災など、過去30年でマグニチュード7.5を超えるクラスの大震災が相次いで発生している日本。

地震の揺れによる建物の崩壊、津波による被害の他にも、倒れてきた建物や家具に下敷きになる等、二次災害によって命を落とした人もたくさんいます。

「近い将来、東京に都市直下型地震がくる」とも予想されている現在の我が国が、今出来ることは何でしょう。

「地震の影響を受けにくい建物を建てること」。
これも大切な私たちの仕事です。

もし今大きな地震に襲われたら、あなたが住んでいる家は地震に耐えきることが出来るのでしょうか。

新耐震基準について

現在日本では、建造物を設計する際に守らなければならない「耐震基準」が定められています。
1981年に導入された「新耐震基準」とは、一体どのようなものなのでしょうか。

耐震基準とは?

建物を建てる際には、「建築基準法」という法律で定められた基準を守って建てなければなりません。

建築基準法では面積や高さ、仕様、用途などが制限されている他、耐震性に関する基準も定められています。

これが「耐震基準」であり、大地震が発生するたびに過去に何度も改正されています。

耐震基準を定めるポイントとしては地盤や基礎、構造などがあり、それらを踏まえた上でバランスの良い配置で建物を建てることが義務付けられています。

新耐震基準とは?

1978年の宮城県沖地震で多くの家屋が倒壊被害を受けたことにより、1981年に耐震基準が改正され、現在の「新耐震基準」になりました。

1995年の阪神・淡路大震災で倒壊した家屋のほとんどが旧耐震基準で建てられたものだったことからも、耐震基準を改正した意味は大いにあったことが分かります。

もちろん柱や梁の損傷が大きく修復が困難であったことから取り壊された建物はたくさんありますが、倒壊による被害を防ぐことが出来たことには間違えありません。

新耐震基準によって建てられた建物であるかどうか不明な場合は、早急に耐震診断を受けることが勧められています。

何が大きく変わった?

以前の耐震基準では「地震による建物の倒壊を防止すること」を目的としていましたが、大地震による二次災害が多発したことから、新耐震基準では「建物内の人間の安全を確保すること」を目的とする内容に変わりました。

旧基準にあった「震度5程度の地震に耐えうる住宅」という規定が、新耐震基準では「震度6以上の地震で倒れない住宅」に変わったことからも、その変化がはっきりと分かると思います。

最後に

「今自分が住んでいる家が新耐震基準によって建てられたものであるかどうか分からない」という人も多いのではないでしょうか。

これ以上大きな地震がくる前に耐震診断を受けて、どの程度の地震に耐えられる建物であるかどうかを知ってください。

関連記事をもっと読む