あなたの家にも当てはまる?税金が戻ってくる!住宅ローン控除とは

一戸建てにしろマンションにしても、マイホームの購入は大きな買い物です。

多くの人がローンを組んでマイホームを購入し、その後何年もかけてローンの支払いを続けることになります。

消費税の増税はマイホーム購入にも大きく関わっており、増税したことでマイホームの購入を諦める人も少なくないでしょう。

そこで、納税者の負担を少なくし、持家の購入を推進する目的を含めて注目したいのが「住宅ローン控除」です。

「住宅ローン減税」とも呼ばれているので、耳にしたことがある人は多いのではないでしょうか。

住宅ローン控除とは

今回は、住宅ローン控除とは一体何なのか、いくら戻ってくるのか、住宅ローン控除を受ける上での注意点をまとめてみました。

住宅ローン控除とは?

住宅ローン控除とは、新築・中古に関わらずマイホームを新築、購入したり、増改築した場合に住宅ローン年末残高の一定割合を所得税から控除できる、という制度です。

もらえるお金ではなく、本来支払うべき税金が減額されるわけですが、平成26年4月に消費税が8%に増税してからは、限度額が200万円から400万円に引き上げられました。

もちろん条卓ローン控除の対象になるためには、一定の条件をクリアする必要がありますので、自分が適用の条件に当てはまっているかどうか、早めに確認してみましょう。

いくら戻ってくるの?

住宅ローン控除額がいくらになるかは、年末の借入残高によって変わってくるので、人それぞれです。

自分の場合はいくら戻ってくることになるのか計算しておきましょう。

年末の借入残高の1%で上限額が40万円ですから、例えば年末の時点でローンが3000万円残っている場合、減額されるのは3000万円の1%で30万円、ということになります。

借入残高は年々減っていきますので、もちろん控除額も年々減っていくことになる、ということを覚えておいてください。

住宅ローン控除を受ける際の注意点

■確定申告が必要

住宅ローン控除を受ける場合、適用初年度に確定申告する必要があります。

必要書類や手続きの仕方について、あらかじめ調べて準備しておきましょう。

■借り換えによって対象になる場合もある

ローンの返済期間が10年以上でないと住宅ローン控除を受けることは出来ませんが、借り換えによって返済期間が10年以上になった場合、控除の対象になる可能性があるということを覚えておいてください。

借り換えの際には、自分が対象になるかどうか、税務署に問い合わせてみると良いでしょう。

最後に

住宅ローン控除の対象になるためには、ある一定の条件をクリアしていなければなりません。

どのような条件があるのか、自分がそれに当てはまっているのか、事前にしっかりと確認をとり、準備しておくことをおすすめします。

関連記事をもっと読む