タワーマンションは購入と賃貸、どちらが便利でお得?

タワーマンションを住む時に必ずと言っていいほど議論されるのが「購入するか、賃貸にするか」と言うこと。

それぞれのメリットから購入と賃貸、どちらが便利でお得か調べてみました。

タワーマンション購入のメリット

  • 将来的にリフォームやリノベーションがしやすい
  • 更新料がかからない
  • 家賃を一生払い続けなくて良い
  • ローン返済後は資産として残る
  • 人に貸して家賃収入を得るという方法もある

購入のメリットは「安心感」や「安定感」を得られること。
また賃貸とは異なり、ローンさえきちんと返済していけば「資産」となり得ます。

賃貸のメリット

●引越しがしやすい
賃貸の最大のメリットは「移動のしやすさ」です。
今住んでいるタワーマンションに不具合や不便を感じた時、引越しが簡単にできます。
転勤や転職の可能性に就いている人や、ライフスタイルが変わりやすい時期は、賃貸の方が向いています。

またタワーマンションは「流産の可能性が高まるので、高層階は危険」「子育てには不向き」と言う話があります。タワーマンションが建っている所は駅近や便利な立地であることが多いですが、全てのタワーマンションが子育てに適しているとは言えません。

賃貸ならば子どもの成長を「良い環境で子育てがしたい」と考えた時、治安の良い地区や評判の良い学校の学区を選んで住み替えることもできます。

●購入のリスクが少ない
賃貸の場合、購入資金などの初期費用が要らず、災害などが起こった時もマンションにこだわらず避難しやすいという特徴があります。

お得感では「購入」だが......?

将来性を考えると、毎月の支払額が購入と賃貸それぞれ同額だとしても、購入した場合はローン返済が完了してしまえば、その後に支払う必要があるのは、管理費と修繕積立金だけになります。

何十年後かを考えれば、購入の方がお得になり、資産的価値も生じます。

しかしながら、実際には購入と賃貸のどちらが便利で得かについては、ライフスタイルや考え方など様々な状況によって異なってきます。

むしろ「購入の方が得だから」と安易に選んでしまうと、失敗してしまう可能性が高いです。
自分自身の将来設計と合わせながら「購入と賃貸」を比較することが大切です。

関連記事をもっと読む