これさえ知っておけば大丈夫!住宅ローン借り換えの注意点

住宅ローンを組む際に、絶対に無視できないのが金利のこと。

住宅ローンで扱われる金利の基準は変動することもあるので、より安い金利で住宅ローンを組むことを考えなければなりません。

金利が低くなることを理由に、住宅ローンを途中で「借り換え」する人も少なくなく、同じ銀行内で条件を変更したり、他の銀行で借り換えるという方法によって、少しでも楽にローン返済が出来るような工夫が存在しています。

住宅ローンの借り換えを考えているなら、まずは借り換え時の注意点について調べておきましょう。

住宅ローン借り換えの注意点

住宅ローンの借り換えの際には、本当にそれで得することになるかどうか、しっかりと考えておく必要があります。
住宅ローン借り換えの注意点にはどのようなものがあるのでしょうか。

借り換えで得するかどうか考える

住宅ローンの借り換えは当然のことながら毎月のローン支払い額を今より少なくすることが目的ですから、本当に借り換えすることで自分が得出来るかどうか、しっかりと考えましょう。

借り換えをすれば誰でも得出来る、というわけではない、ということを覚えておいてください。

  • 住宅ローン残高が1000万円以上ない場合
  • 返済の残期間が10年以下である場合
  • 金利差が1%以上ない場合

このような条件だと、借り換えをしても損をするパターンがほとんどです。

毎月のローン支払い額が今よりも増えてしまう場合もありますので、銀行とよく相談して決めましょう。

借り換えに必要な費用を知る

住宅ローンの借り換えで得出来るかどうかは、金利だけでなく借り換えにかかる諸費用も大きく関わってきます。

新規で住宅ローンを組んだ時にどのくらいの諸費用がかかったか、覚えていないという人も多いでしょう。

実は借り換えの際にも、新規の時と同様の諸費用がかかります。

住宅ローンの借り換え時には、印紙税、手数料、保証料、登記費用などが必要となり、合計すると数十万円かかる場合もあります。

諸費用については借入額や返済年数、金融機関によっても異なりますので、自分が借り換えするにはいくらの諸費用が必要になるか、計算してみてください。

返済期間の延長が出来るかどうか知る

毎月のローン支払い額を今よりも少なくするためには、金利が低いものに借り換えるか、返済期間を延長するしかありません。

返済期間を延長して借り換えすることは非常に難しく、延長するためには条件があります。

例えばフラット35だと期間を延長して借り換えすることが可能です。

もちろん延長できる期間には制限がありますので、そのあたりについてもよく調べてから、住宅ローンの借り換えを検討しましょう。

最後に

注意点さえ知っていれば、得する形で住宅ローンの借り換えをすることが可能なはずです。

借り換えをした方が本当に得なのか、より得する借り換えの仕方にはどのようものがあるのか、一度よく考えてみてください。

関連記事をもっと読む