地震で液状化が起きても大丈夫なタワーマンションの見極め方

地震が起きた時、タワーマンションは本当に安全なのでしょうか?

「○○○区は液状化が起こりやすいから、このエリアのタワーマンションに住みたくない」という意見をちらほら聞きます。

タワーマンションと液状化の危険性についてまとめてみました。

液状化現象とは?

液状化現象とは、地震時に砂の地盤が地震の振動で液体化することです。

地盤の上にあった建物が倒れたり、道路にヒビが入って液体が地表へ溢れ出たり、堤防が決壊したりするなど、大きな二次災害を引き起こします。

タワーマンション直下の地盤が液状化すると、建物が傾いたり倒壊する可能性もあります。
直接地震の被害がなくても、せっかくのマンションに住めなくなるのは避けたいものです。

液状化が起こりやすい土地

  • 埋立地
  • 河川の近く
  • 以前に河川や海があった場所

東京湾を埋め立てた湾岸地域は、液状化が起こりやすい土地として有名です。

東京都心部は河口や埋立地にあるので、東京に震源がある大地震が起きた時は広範囲で液状化が起こると考えられています。

タワーマンションの地震・液状化対策

多くのタワーマンションが埋立地や湾岸エリアに乱立して建設されていることを考えると、地震が起こった時、本当に大丈夫なのか心配になります。

地盤がやわらかいと地震の震度も大きくなるので、地盤の緩い土地では建物の基礎工事が万全な必要があります。

タワーマンションでは超高層ビルを建てるとあって、建物の支えとなる杭を地盤に深く打ち込みます。杭を打つことで、下の地盤が地震で液状化しても、建物が崩壊したり倒れたりすることを防ぎます。
万全の基礎工事さえしてあれば、倒れる心配はほとんどありません。

またタワーマンションは、免震・制震などの何らかの地震対策が取られているので、地震が起きた時は下手に外に出るよりも部屋に居た方が安全だと言われています。

タワーマンションを選ぶ時は、地震・液状化対策が万全に取られた物件かどうか確認する必要があります。

液状化が起こりやすい土地を調べる方法

国土交通省が公表している「地震ハザードマップ」に地盤被害(液状化)マップがあります。

都道府県ごとに、液状化予想図を発表しているので、それを参考にすると、どのエリアで液状化の可能性が高いのか判断できます。また海沿いの地域のタワーマンションを考えている人は、津波の被害がどれだけありそうか調べてみるのも大切です。

先の東北地方太平洋沖地震で、液状化しなかった土地は、他の地震が起きても液状化しにくいと考えて良いでしょう。

立地、液状化・地震対策、これらの視点でタワーマンションを見てみると、良くない噂に惑わされずに安全性が高い住処を探せるのではないでしょうか。

関連記事をもっと読む