これだけは備えておきたい!注目の耐震グッズを紹介!

東日本大震災の発生の後、耐震グッズが過去にない注目を集めたのは言うまでもありません。

特にタワーマンションのような高層階の建物に住んでいると、普段から「地震がきたらどうしよう」という不安を抱いている人は少なくないはずです。

地震は努力して予防できるものではありませんので、私たちに出来ることは万が一のときのために備えておくことです。

「これだけは備えておいた方がいい」と思われる耐震グッズにはどのようなものがあるのでしょうか。

注目の耐震グッズ

地震が起こると二次災害による被害が拡大します。
家具の転倒や窓ガラスが割れるなどの二次災害を減らすための耐震グッズをご紹介しましょう。

家具転倒防止グッズ

地震による二次災害の多くが、家具の転倒によるものであることが分かっています。

家具転倒防止グッズで普段から家具が転倒しないようにしておくことで、家具の下敷きになって怪我をしたり命を落とすということを防ぐことが出来ます。

家具転倒防止グッズには、L型金具やベルト式器具、ポール式器具、ストッパー式器具があり、最も強度が高いのがL型金具です。

ただし壁と金具をビスで固定しなければならないので、壁に穴を開けられない場合は他の器具を選んだ方が良いでしょう。

窓ガラス飛散防止グッズ

地震によるガラス被害も意外に多いものです。

そこで、窓ガラス飛散防止グッズとして売られているのが、ガラス飛散防止シートやフィルムです。

耐震性のある窓ガラスに取り換えるよりもずっと安価ですし、手軽に使用することが出来るので、注目を集めているようです。

扉開放防止グッズ

タンスや食器棚の扉が開いて中身が飛び出すのを防止するための扉開放防止グッズにも注目が集まっています。

普段から扉が開かないようにしておくと何かと不便を感じることも多いと思いますが、最近は地震の揺れを感知してロックがかかるようになっているグッズも売られていますので、大変おすすめです。

テレビ用保護パネル

最近の薄型テレビは液晶が割れやすく、地震による破損も数多く報告されています。

そこでご紹介したいのが、テレビ用保護パネル。

地震による被害を防ぐだけでなく、子供の手垢やいたずら書き、掃除機がぶつかった時などの衝撃からもテレビを守ってくれますので、普段から使用しておくことをおすすめします。

耐震粘着マット

耐震粘着マットはテレビや花瓶などの置き物が転倒したり落下するのを防ぐための耐震グッズです。

好きなサイズにカットして使えるものもあるので、普段から倒れやすいと感じるものに使用しておくと良いでしょう。

最後に

耐震グッズを使った備えをしておくかしておかないかで、地震による被害の大きさが変わってきます。

いつ大きな地震がきても安心なように、耐震グッズについてぜひチェックしてみてください。

関連記事をもっと読む