どう選ぶべき?賃貸マンションの保険選びのポイント!

賃貸マンションの契約をする際には、火災保険の加入が求められます。

ほとんどの場合、不動産会社と賃貸借契約を結ぶときに「この火災保険に加入してください」と勧められ、言われたまま火災保険に加入することになります。

しかし実は、不動産会社から勧められた火災保険でなくても、自分で選んだ保険に加入しても問題ないのです。

ただし家財保険に加入していて、賠償責任が付帯されているものであれば、ということになります。

自分で保険を選ぶのならば、より自分にとって損をしないものを選びたいものですよね。

賃貸マンションの保険選びのポイント

賃貸マンションの火災保険を選ぶときは、どのような点を気を付ければ良いのでしょうか。
保険選びのポイントをまとめてみました。

一括見積りしてみる

火災保険を扱う保険会社は数多く存在していますので、そのすべてから自分の求めているものを選ぶ、というのは大変な作業です。

しかし、ちゃんと選ばないと必要のない保険料まで支払わなければならなくなってしまいますので、比較してみることは大切です。

おすすめなのは、火災保険を扱う保険会社に一括見積りを依頼できるサイトを利用すること。

複数の保険会社の見積りを一度に手に入れることが出来るので、時間と手間を短縮することが出来ます。

自分に合った保険会社はどこなのか、どの火災保険なのか、知る上で大変参考になりますよ。

保障内容を確認する

不動産会社との契約の際にセットで加入を勧められる火災保険の場合、保障内容を確認せずにサインする人がほとんどです。

いざ何かあった時に「保険の対象であるかどうか分からない」という人は多いのではないでしょうか。

自分で保険を選ぶのならば、保障内容をしっかりと確認しておかなければなりません。

例えば近隣で家事が起こってもらい火してしまったときはどうなるのか、近隣の家事の火を消すための放水で水浸しになってしまったとき、どこまで保障されるのか、地震や雷などの天災時には保障されるのか等をチェックし、保障内容と保険料が見合った保険を選ぶべきです。

保険期間を決める

保険期間については、1年から設定することが出来ます。

長期契約することで保険料は割引になりますので、長く住む予定があるなら長期で契約した方が得です。

賃貸契約は2年ごとに更新されるので火災保険も同じ、と思っている人が多いようですが、保険期間は自分で設定することが出来ます。

長く住むつもりがないなら、まずは1年契約してみてはいかがでしょうか。

最後に

既に不動産会社が勧める火災保険に加入してしまっている人も、心配ありません。

賃貸契約の更新の際に、他の保険会社に切り替えることも可能です。

今加入している火災保険の内容をよく確認し、他の保険会社に切り替えた方が得することはないか、よく考えてみてください。

関連記事をもっと読む