タワーマンションの高層階は健康に悪いのかちょっと調べてみた

景色が良くておしゃれなデザインのタワーマンションに住みたい...という憧れを抱いている人はたくさんいます。

最近はタワーマンション離れが進んできていると言われているものの、まだまだ全国には数多くのタワーマンションが建設され続けています。

しかし、「タワーマンションの高層階に住むと健康被害を受ける危険性がある」という話があるのも事実です。

特に幼い子供や高齢者の健康にとって高層階で暮らすことはあまり良いことではないようです。

タワーマンションの高層階は健康に悪い?

なぜ、タワーマンションの高層階に住むと健康被害を受けることになるのでしょうか。
起こり得る症状とその理由についてまとめてみました。

精神的ストレスによる体調不良

確かに高層階からの窓の眺めは素晴らしいものですが、部屋からすぐに外に出ることの出来ない環境にいると、いつの間にか外に出る機会が減ってしまいます。

エレベーターの待ち時間が長かったり、誰かと顔を合わせてしまうことを面倒だと思ってしまうと、例えば一戸建てに住んでいる人に比べて気軽に外に出ようとはなかなか思わなくなってしまうものです。

そういった外界から遮断された生活を送っていると、知らず知らずのうちに人とコミュニケーションをとるのが難しくなり、ストレスを感じやすくなります。

また、高層階では風が強いと揺れを感じることも多いので、常に揺れの中で生活している不安感、「地震や火災などの災害が起こったらどうしよう」という恐怖感がストレスの原因になっている場合もあります。

ストレスが原因で頭痛やめまい、不眠を訴える高層マンション住人も少なくないようです。

気圧の変化による体調不良

40階や50階の高層階になると、地上との気圧の変化が出てしまいます。

そういった影響を受けやすい人は、耳鳴りや頭痛、生理不順といった症状が現れやすいと言われています。

もともと腰痛や頭痛を持った人は高層階に住むことで症状が悪化することも考えられるので、十分に考えてからマンション選びをするようにしてくださいね。

空気の悪さによる体調不良

空気は上空へと上がっていくものなので、高層階に住んでいると悪い空気の影響を受けやすくなります。

特に近くに工事現場があったり、高層ビルに囲まれた位置にあるマンションでは、排気ガスや排煙の影響を恐れて窓を開けられない、という住人がいるのも確かです。

喘息持ちの人は症状が悪化する危険性もあるので、気を付けましょう。

最後に

憧れのタワーマンションが健康に悪い、というのは非常に残念に思うことかもしれませんが、どんな住居にも良いところもあれば悪いところもあるものです。

家族構成や生活スタイルをよく考慮した上で、自分たちにとって本当にタワーマンションに住むのが良いことなのか、家族で話し合ってみるのも大切なことなのではないでしょうか。

関連記事をもっと読む