わかりやすく解説!免震構造の仕組みと弱点

年々増加しているタワーマンションの建設。

立地条件も良く、窓からの眺めも良く、高級感を感じさせるタワーマンションへの人気はまだまだ高まり続けています。

しかし実際には、タワーマンションのデメリットも浮き彫りになってきているのが事実。

大地震が続く我が国では、高層階のタワーマンションに住むことに不安を感じる人も増えてきているようです。

タワーマンションは地震がきても崩壊しないように免震構造で作られていますが、免震構造は本当に安心できるのでしょうか。

免震構造の仕組みと弱点

今回は、免震構造の仕組みと弱点についてまとめてみたいと思います。

免震構造の仕組み

日本で免震構造の建物が増え始めてから30年経とうとしています。

その背景に関東大震災や新潟県中越沖地震、阪神大震災、東日本大震災など、歴史に残る大地震の発生が関係していることは言うまでもありません。

そういった大きな地震の揺れから建物を守るために考えられたのが免震構造であり、これまでの耐震構造とは大きく異なります。

免震構造の仕組みを簡単に説明しましょう。

まず建物の基礎となる部分にゴムと鉄板を交互に重ね合わせた免震装置を置くことで、地震によって地面が激しく動いても、建物はゆっくりとしか動かないようにしました。

免震装置が揺れを吸収するため、建物自体の揺れは少なくなります。

これまでの耐震構造では、建物自体は地震の揺れに耐えても、家の中の家具が倒れたりガラスが飛び散る等の二次災害の可能性が非常に高かったのですが、免震構造だと揺れ自体が少なくなるため、二次災害の心配も少なくなりました。

全国で増え続けているタワーマンションも免震構造で作られており、地震による被害が縮小しているのは間違えありません。

免震構造の弱点

タワーマンションを含める多くの高層建物に採用されている免震構造ですが、実は弱点と言えるデメリットもあるということを覚えておいてください。

まず、コストが高いという点。

免震構造にするために費用は非常に高く、マンションだと億単位の費用が必要になる場合もあります。

また、工事も非常に難しく、ちゃんとした業者が行った工事でないと不安が残ります。

40年単位で装置を交換する必要があるという点も、大きな弱点と言えるでしょう。

さらに、免震構造は横揺れの地震には強いのですが、縦揺れの地震にはあまり効果がありません。

都市直下型地震の多くが縦揺れだと言われていますので、今後発生する恐れのある地震に対応できるかどうか、不安はまだまだ大きいようです。

最後に

免震構造の仕組みと弱点について、お分かりいただけましたでしょうか。

免震構造の建物は自らが揺れることで崩壊を防止していますので、ちょっとした強風でも揺れを感じる場合があります。

「揺れるのが苦手」という人は、免震構造のタワーマンションに住まない方が良いかもしれません。

関連記事をもっと読む