免震構造は縦揺れにも有効?意外と知らない地震の秘密

「地震大国」と呼ばれている我が国では、免震構造をセールスポイントにしたタワーマンションが次々に登場しています。

免震構造とは耐震構造に続く建物の構造システムで、これまで主流だった耐震構造と比べて地震による揺れの影響を受けにくい、とされています。

しかし、免震構造のタワーマンションは地震がきても本当に安全なのでしょうか。

「免震構造は縦揺れの地震には効果がない」と言われているのは、本当なのでしょうか。

免震構造と縦揺れ地震について

免震構造が本当に安全かを知るためには、まず地震についての知識が必要です。
免震構造と縦揺れ地震についてまとめてみました。

縦揺れ地震について

「縦揺れ地震は怖い」と思っている人が多いようですが、必ずしもそういうわけではありません。

縦揺れにしても横揺れにしても地震は怖いものであり、エネルギーの大きさで言うと横揺れ地震の方が大きいので、被害が拡大しやすいのも横揺れ地震の時だと考えられています。

振動が進行方向に起こる縦派をP派、進行方向に対して直角に起こる横派をS派とし、地震が縦揺れか横揺れかはこのP派とS派が発生する場所によっても決まることになります。

大抵の地震は縦揺れの後に横揺れがくるなど、縦揺れと横揺れが入り混じっている場合が多く、横揺れの方が継続時間が長いことから、横揺れ地震による被害の方が多い、と考えられています。

建物は縦揺れよりも横揺れに弱いので、横揺れ地震に対応した構造の建物が増えてきているのはそういった理由からです。

縦揺れ地震と免震構造について

ここ数年で大震災が続くようになってからは、これまでの耐震構造ではなく、免震構造で建てられる建物が増えてきました。

建物自体を丈夫にして地震による崩壊を防ぐ耐震構造と違い、免震構造は地面と建物の連結部分に積層ゴムを使うことで、揺れを吸収して建物への影響を少なくします。

これによって地面が激しく揺れても建物はゆっくりと揺れるようになるため、家具が倒れたり窓ガラスが飛び散る等の二次災害を軽減することに成功しました。

しかし、「免震構造は縦揺れ地震には効果がない」と言われていることも確かです。

これは実際に縦揺れよりも横揺れ地震に対する被害が大きくなることが理由でもありますが、最近になって縦揺れにも対応できる三次元免震装置システムが開発され、大きな縦揺れが予想される直下型地震がきても被害の縮小が期待できるようになりました。

このシステムを使って建てられた建物が増えてくるまではまだ何年もかかると思いますが、それまでに大きな地震がこないことを祈るばかりです。

最後に

地震について、そして建物の構造システムについては、まだまだ誤解している人が多いのも事実です。

まずは自分の住んでいる建物、または相撲としている建物がどのような構造で作られているのか、どんな地震にどのように対応できるのか、知ることから始めてください。

関連記事をもっと読む