高層マンションでも油断は禁物!今からできる10通りの虫対策

高層マンションの虫対策

高層マンションやタワーマンションの高層階になると、大抵の場合、網戸が付いておらず、網戸を付ける溝部分もないことがあります。

網戸を設置しても強風で網戸が飛ばされる場合があり、その際の災害補償ができないのが一つの理由です。

「高層階だから虫は絶対来ないので、網戸は付けていません」と説明されることもあるようですが、高層階でも虫が侵入してくるケースは多々あります。

高層マンションやタワーマンションの高層階に住む時に、考えておきたい虫対策について紹介します。

虫を発生させない方法

マンションの高層階になればなるほど、虫は生息・侵入しにくくなると言われていますが、実際には結構な割合で虫は発生してしまいます。

  • ベランダにゴミやダンボールを置かない。
  • ベランダで植物などを育てない。
  • 水回りは綺麗に掃除しておく。
  • 虫を発生させるような水溜まりを作らない。
  • 宅配で受け取ったダンボールはすぐに廃棄する。

と言うような、一般的な虫対策は高層マンションの高層階でも必要です。

虫の侵入を未然に防ぐ方法

虫の多くはベランダや玄関から侵入してきます。
それを未然に防ぐ対策も合わせて取ることが大切です。

  • カーテンを引き、外に明かりを漏らさない。
  • 部屋の電球や蛍光灯の明るさを下げる。
  • 夏場は窓を開けずにエアコンを使用する。
  • 虫の侵入口となりそうな部分をテープなどで目張りする。
  • 網戸用の虫よけを貼ったり、スプレーしたりする。

事前に網戸設置ができるか確認しておく

虫の侵入が気になる時は、高層マンションの契約前に網戸の有無や、オプションで網戸を入れられるかどうか、その際にかかる費用などを確認しておくと、後々のトラブルを防げます。

眺望が損なわれることや、風通しが変わることなどを理由として、網戸を入れていない家庭も多いようです。

虫対策以外にも網戸を入れるメリット・デメリットを考えて、導入を考えてみるのが良いと思います。

関連記事をもっと読む