資産価値や住居階数を気にしよう!タワーマンションを選ぶ時の3つのポイント

タワーマンションの良いところはたくさんあります。

  • 眺望が良い・夜景が美しい
  • 共用施設・サービスが充実している
  • 生活利便性に優れている

そう思ってタワーマンションで生活を始めたものの、後から後悔することになった...という話は決して珍しくありません。

せっかく高いお金を払ってタワーマンションを購入するのですから、じっくり選んで快適な生活を続けられるところを選びたいものですよね。

ただ単に「オシャレだから」という理由だけで選んでしまうと、後から痛い目を見ることになってしまうかもしれませんよ。

タワーマンションを選ぶ時のポイント

では、タワーマンションを選ぶ時にはどのようなことに注意すべきなのでしょうか。
後悔しないタワーマンション選びのポイントをご紹介します。

資産価値

タワーマンションは一戸建てと違って、資産価値が下がりにくいと言われています。

これは非常に重要なことで、事情があってマンションを売却したり人に貸したりする際に資産価値の高い低いは大きなポイントになります。

より資産価値の下がりにくいタワーマンションの条件としては、都市部にアクセスしやすい駅が徒歩10分圏内にあること、買い物ができるスーパーや医療施設が近くにあること、学校や図書館などの教育関連設備が整っていること、日当たりや眺望が良い土地であること、等が挙げられます。

こういった条件に当てはまるタワーマンションを選んでおくことで、将来的な心配が大きく減ることが予想出来ます。

住居階数

「眺めが良いから」という理由でタワーマンションの高層階に住もうとする人はたくさんいます。

確かに40階や50階の高さからの眺めは格別なので、タワーマンションに住むからには高層階が良い!という気持ちは分かります。

しかし、それだけで選んでしまうと後から後悔する可能性が。

まずはエレベーターの待ち時間です。
特に通勤通学の時間帯になるとエレベーターを使用する人が集中しますので、何分も待たされる可能性があります。

また、「それが面倒なので必要なとき以外は外出しないようにしている」という人も多く、室内に閉じこもってしまうことで精神的ストレスの原因になってしまう危険性も否定できません。

管理状況

タワーマンションを選ぶ際は、管理状況についてもしっかり確認しておく必要があります。

共用部分の管理がしっかり行われているかどうかはマンションの資産価値にも大きく関わってきますので、事前にチェックしておきましょう。

「自分の住む部屋さえ気に入ればそれでいい」という考え方では、少し危険です。

最後に

マンションは一生の買い物ですから、慎重に選んで損することはありません。

インスピレーションで決めることも大切かもしれませんが、長い目で見て冷静な判断力を持つことが大切なのではないでしょうか。

関連記事をもっと読む