強さで地震に対抗!耐震構造の長所と短所

「免震構造」という言葉をご存知でしょうか。

今現在日本で建てられている建物のほとんどが、免震構造によるものです。

これはいくつもの大地震により、倒壊する家屋が多発したり、建物内にいた人たちの命が二次災害によって奪われてしまった経験から、これまでの「耐震構造」では対応することが困難になってきたことが原因となっています。

しかし、免震構造が主流になる前に建てられた建物の中には、耐震構造のものが未だ数多く残っています。

耐震構造だからといって必ずしも「地震がきたら危険」というわけではありませんが、免震構造と比べるとデメリットが多いのは確かなようです。

耐震構造の長所と短所

耐震構造の長所と短所をまとめてみました。

耐震構造の長所

耐震構造は、地震によって揺れても倒壊しない強度を保つことを目的とした構造システムです。

柱や梁が太くて頑丈なので揺れに強く、倒壊の心配はよほどでない限りありません。

さらに、免震構造と比べて工事にかかる費用が安く済むこと、既存の建物にも強化を施すことが出来ることが長所として挙げられます。

耐震構造の短所

耐震構造の建物は揺れに強いというだけで、揺れの影響を受けやすいのが短所と言えます。

地震によって揺れる地面と同じように建物も揺れるため、倒壊はしなくても建物内部の揺れの影響が大きくなってしまいます。

震災は建物の崩壊だけが被害ではありません。

建物内部で家具が倒れたり、窓ガラスが飛び散る等の二次災害によって命を落とす人も数多くいます。

実際に阪神大震災や東日本大震災の際、二次災害の被害が大きかったのは耐震構造で作られた建物ばかりでした。

また、振動の影響を蓄積しやすいことから、劣化しやすいというのも耐震構造の短所です。

地震発生後にはメンテナンスが必要になるでしょう。

免震構造との違い

強さで地震に対抗する耐震構造に成り代わり、現在は免震構造で建てられる建物が増えてきています。

これは地震による二次災害を軽減するためのもので、実際に免震構造で建てられた建物での二次災害はあまり報告されていません。

免震構造は地面と建物の連結部分に積層ゴムを使用することで自信の揺れを吸収する目的があります。

地面が激しく揺れても建物自体はゆっくりと揺れることになるので、建物の倒壊を防ぐだけでなく、内部の二次災害も抑えることが可能なのです。

ただし、免震構造は施工にかかるコストが高いこと、定期的なメンテナンスが必要になるというデメリットもあるということを覚えておいてください。

最後に

耐震構造と免震構造はまったく違ったものですが、それぞれのメリットとデメリットがあります。

タワーマンションのような高層階の建物は免震構造であるべきだと考えられますが、まずは自分が住んでいる建物がどのような構造システムでつくられているのか、知ることから始めてください。

関連記事をもっと読む