こんなにも違った!免震構造と耐震構造を徹底比較しました!

「地震が怖いのでタワーマンションに住みたいと思わない」という人も多いでしょう。

確かに地上から離れた高いところに住んでいると、いざ大地震がきたときに避難するのが大変なんじゃないか、建物が崩壊してしまうのではないか、という不安に襲われることはあるはずです。

近年急増しているタワーマンションは免震構造で作られており、地震による被害を最小限に抑えられる工夫が施されています。

「だからといって地震がきても絶対に安心」というわけでは決してありませんが、自分の住むマンションがどのような構造で作られているのか、地震に対してどう対応するのか、知っておいて損はありませんよね。

免震構造と耐震構造の違い

「耐震構造」という言葉は聞いたことがあると思います。
耐震構造と免震構造はどう違うのでしょうか。

耐震構造について

耐震構造の建物は柱や梁が太く頑丈に作られているため、建物自体が丈夫なのが特徴です。

耐震構造の良さは阪神・淡路大震災の時に世間に広く浸透しました。

地震によって建物が崩壊する心配はほとんどありませんが、耐震構造にもデメリットはあります。

それは、「揺れること」です。

建物は崩壊しないものの、揺れによる影響をもろに受けることになるので、室内の家具が転倒したり、壁が崩壊したり、窓ガラスが飛び散るなどの二次災害の危険性が高いことは間違えありません。

大震災が起こると、深刻な問題となるのが二次災害です。

転倒した家具の下敷きになるなど、二次災害によって命を落とす人が非常にたくさんいます。

その上で耐震構造は見直されることになり、現在は免震構造や制震構造といった新しい構造システムが誕生しました。

免震構造について

免震構造では建物と地面をつなぐ部分に積層ゴムが使用されており、地震の揺れが吸収されるため、建物に伝わる揺れが軽減されることになります。

地震によって地盤が激しく揺れていても、建物はゆっくりと揺れることになるため、建物へのダメージは非常に少なくなります。

地震の揺れと合わせて建物自体も一緒に揺れることで崩壊を防いでいるので、崩壊の心配もありません。

建物の揺れが少なくなることで二次災害を防ぐことが出来る免震構造は、今やタワーマンションなどの高層階の建物に多く使用されています。

ただ、免震構造の工事にはコストがかかり、高度な技術が必要になるという点がデメリットです。

しかし、耐震構造と違って柱や梁を太くする必要がないので、結果的に居住空間を広くすることが出来る、というメリットもあります。

最後に

最近は免震構造を売りにしているタワーマンションも数多く販売されていますので、そういった点もよく検討した上で購入を決めると良いでしょう。

まずは免震構造とはどのようなものなのか、耐震構造とはどう違うのか、知ることが大切です。

関連記事をもっと読む