どのくらいの大きさの地震なら大丈夫?あなたの家の耐震等級は?

住まいを選ぶ時、あなたは何を重視しますか?

近年、歴史に残る大震災が続いている我が国では、「まず安全性」を重視して家選びをする人が増えてきています。

最近は「免震構造のタワーマンション」等というように、地震がきても安全であることをセールスポイントにした住まいの販売方法も増えてきているようです。

しかし、いくら安全と言われても、「どの程度の地震に耐えられるのか」、よく分からないという人も少なくありません。

そこで参考にしたいのが、「耐震等級」です。

あなたの家の耐震等級はどうなっているのでしょうか。

耐震等級について

耐震等級とは一体何なのか、耐震等級の見方についてご紹介します。

耐震等級とは

耐震等級とは、「どの程度のレベルで地震に耐えられる建物であるか」を知るためのものです。

三段階で表されていますので、専門的な知識がない人でも一目で「地震に強い建物であるかどうか」が分かると思います。

耐震等級は1~3の段階に分かれており、3が最高等級となっています。

まず耐震等級1は「数百年に一度発生する地震(震度6~7)の地震力に対して倒壊、崩壊せず、数十年に一度発生する地震(震度5強程度)の地震力に対して損傷しない」レベルの建物です。

そして耐震等級2は「等級1の地震力の1.25倍の地震に対抗できる」レベルの建物、耐震等級3は「等級1の地震力の1.5倍の地震に対抗できる」レベルの建物、ということになります。

耐震等級1は建築できる最低基準であり、耐震等級2以上が「長期優良住宅」として認定されます。

タワーマンションの耐震等級事情

タワーマンションのような高層階の建物の場合なら、なおさら耐震等級の高いものを選びたいものです。

しかし、現実には耐震等級3のタワーマンションはほとんどありません。

良くて耐震等級2、ほとんどが1なのです。

建設業者が耐震等級3のマンションを建てたがらない理由には、まず「居住空間が狭くなること」が挙げられます。

耐震等級を上げるためには柱や壁を太くして建物自体を強化しなければならないので、部屋を狭くして住み心地を悪くしてしまうと、マンションが売れなくなってしまうのです。

さらに、耐震強度3でマンションを建てるためには、コストがかなり高くなります。

これもまた、耐震等級3のマンションが少ない理由の一つなのです。

現在、耐震等級2のタワーマンションは全体の15%ほどあるようなので、マンション選びの際にはそういったことも考慮して候補に入れておきたいものですね。

最後に

今の世の中、住まい選びの際に耐震強度を確認することは必要不可欠と考えられます。

少しでも安心して、安全に暮らしていくことが出来るように、今後家選びをする人はぜひ耐震強度についてもっと深く勉強してみることをおすすめします。

関連記事をもっと読む