私たちの強ーい味方!!住宅ローンアドバイザーとは?

マイホームを購入する際には、住宅ローンを組む人がほとんどです。

住宅は一生に一度の買い物ですので、「住宅ローンを組むのは初めて」という人も多いでしょう。

住宅ローンの組み方にはいくつかタイプがあり、素人がそれを選択するのは簡単なことではありません。

専門的な知識を持つプロに相談して決めるのが一番です。

今回ご紹介するのは、住宅ローンアドバイザーについてです。

住宅ローンアドバイザーとは?

住宅ローンアドバイザーとは、一体どのような存在なのでしょうか。
どんなことを相談することが出来るのか、どうすれば相談することが出来るのか、まとめてみました。

住宅ローンアドバイザーとは?

住宅ローンアドバイザーは一般財団法人・住宅金融普及協会によって創設された資格で、一定の研修を受講することで得ることが出来ます。

ファイナンシャルプランナーや金融機関の住宅ローン販売担当者等が取得することの多い資格ですが、一般の人でも取得することが可能です。

住宅ローン商品のリスクや注意点、繰り上げ返済や借り換えについて、住宅ローンに必要な書類や手続きについて、住宅ローンの選び方についての知識を有していますので、住宅ローンを組む際にアドバイスを受けることで、自分たちに合った住宅ローンの組み方が分かります。

例えば5年後、10年後の金利が今より1%上がったら毎月の返済額はいくらになるのか等、シュミレーションした上でアドバイスを受けることが出来ますので、大変参考になるでしょう。

住宅ローンアドバイザーに相談するには?

住宅ローンアドバイザーに相談したからといって、絶対に得するローンの組み方を教えてもらえる、というわけではありません。

やはり大切なのは、自分が最も信頼できる住宅アドバイザーに相談することです。

工務店やハウスメーカーの営業マンやコンサルタントの中にも、住宅ローンアドバイザーの資格を持っている人が多いようです。

不動産業者にもこの資格を取得している人が多いようなので、最寄りの不動産会社に住宅ローンアドバイザーがいないか探してみても良いでしょう。

もちろん住宅ローンを扱っている金融機関にも住宅ローンアドバイザーの資格を持っている人がいるはずですから、一度確認してみてはいかがでしょうか。

また、住宅ローンアドバイザーを検索して探すことの出来るサイトもありますので、そこから自分が最も信頼できそうな人を見つけるのもひとつの手でしょう。

住宅ローンアドバイザーが見つかったら、「自分は何が聞きたいのか」を明確にし、的確なアドバイスが受けられるよう準備しておきましょう。

最後に

住宅ローンアドバイザーの資格は基礎編を270分、応用編を1日受講し、基準以上の特典を獲得すれば取得できる、身近な資格です。

もし身近に信頼できる住宅ローンアドバイザーが見つからなければ、自分で資格を取得してみるのもおすすめです。

関連記事をもっと読む